「知らなくていいコト」の結末ハリヒメソウを入れた子供は誰なのか?

ドラマ

「知らなくていいコト」の結末予想

ハリヒメソウを入れたのは誰?

9話の終盤でキャンプ場のウォータータンクに毒を入れたのは乃十阿徹ではなく、毒草をハーブだと勘違いして入れた子供でした。

男の子の正体は乃十阿徹の息子であり当時はまだ3歳でした。

ちなみにケイトも乃十阿徹の息子です

 

スポンサードリンク

ケイトと尾高のゴールは

予告編で尾高さんはケイトにプロポーズをしています!

しかし尾高さんにはすでに妻と子どもがいるのでもしケイトと尾高さんがくっついた場合は世間が炎上する不倫になります。

ケイトは尾高さんを奥さんからとることを後ろ髪ひかれてますが、編集長に「尾高はお前を選ぶ」と言われて心が揺らいでいます。

しかし、最終回で結局二人はすれ違い尾高さんは奥さんと別れ、ケイトとも離れという苦い結末となりました。

 

 

 

野中は結局どうなったのか?

ケイトを他の報道機関に売るなど闇落ちした野中でしたが、最終回で週刊イーストを自主退社します。この時点で言動がちぐはぐでしたが会社を立ち去るときに自分は「小説家になるんだ!」と言います。

誰も相手にはしていなかったですが、野中はその後有言実行して小説家になります。

デビュー作は闇落ちした亀と言い容姿はおろかスタッフへの言動も横暴になっています。

スポンサードリンク

「知らなくていいコト」の結末まとめ

キャンプ場のタンクにハリヒメソウを入れてしまったのは乃十阿徹の元の妻との息子でした。

ケイトが「私も事件に関係してたんだ…」と言っていることから、間接的にも殺人事件に関与してしているのかと思いきやケイトは事件にほとんど関与していませんでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました