起立性調節障害で朝弱い対策と何科の病院に行けばいいのか?

健康
スポンサードリンク

こんにちは!

みなさん起立性調節障害という病気を聞いたことがありますか?

起立性調節障害とは自律神経失調症の一つで朝なかなか起きられなかったり

立ちくらみや疲れやすいといった症状があります。

主に10歳~16歳の頃に発症しやすいと言われており生活に影響することと言えば

学校に良く遅刻したり立ちしゃがみで普通の人よりもめまいが起きやすいなど

一見するとサボっていると思われる症状です。

他にも頭痛、動悸、腹痛などがあります。

しかし起立性調節障害は自律神経失調からくるこころの病だと言われています。

大人になってから発症する人もおり、

社会人になってから立ち仕事が長時間できなかったり疲れやすいなどの症状に困り、

クリニックを訪れる人もいます。

簡単な対策としては起立性調節障害の原因は血流の調節がうまくできないことから

立ちくらみや起きれないといった症状が出るため水を飲むのがおすすめです。

そうすることで血圧が上がり症状が少し改善されます。。

また他にも朝弱い人に向けての簡単な対策としてはまとめてあるので

是非見てみてください。

404 NOT FOUND | こころの休憩所
こころの健康も大切

 

朝弱い時の対策

私も小学生くらいの頃から朝がとても苦手で遅刻が多かったです。

しかし遅刻しないように朝早く起きようと思っても布団から出られないんです。

他のクラスメイトは朝弱いという子はいるものの私のようにしょっちゅう遅刻することは

なかったので当時は他の子より弱いな…としか思ってなかったです。

ところが大学生になってから立ちくらみやめまいの症状がひどくなり、

朝起きられずに欠席回数が多くなり単位を落としてしまうこともありました。

さらに大学時代は飲食店でアルバイトをしていましたが時間がたつにつれて

立ちくらみやめまいがしたり仕事のミスが増えました。

さすがにひどいと思い先生に相談してみることにしました。(大学が心理学科だったため)

そうするとカウンセリングをすすめてくれました。

カウンセリングの結果症状はストレスによるものかもしれないから

あまり頑張りすぎなくていい良いと言われもやもやしていたのが少し晴れました。

その時に症状がひどいようなら心療内科か神経内科にいったほうがいいと

おすすめされましたがカウンセリングでストレスが原因と分かってなんだか落ち着いたので

気楽に学校生活を送るようにしました。

病は気からとよく言いますがほんとにその通りだと思います。

実際起立性調節障害はストレスからくる自律神経の失調なのであまり頑張りすぎないのが

一番です。

症状が重い時には誰かに相談してみるがいいかもしれません。

ただ相談やカウンセリングだけでは解決しないこともあるので病院に行くことを

おすすめします。

 

何科に行けばいいの?

心療内科か神経内科に行けば大丈夫です。

私は社会人になってから始めて利用しました。

また症状に合わせて循環器内科や精神科でも大丈夫です。

大学を卒業して会社に就職しましたが、

仕事を覚える量も多いうえに連勤が続いたため次第に疲弊していきました。

店舗営業で立ち仕事なので立ち続けているとだんだんめまいや頭痛がするようになり

とうとう仕事中に症状がひどすぎて動けなくなり始めて病院に行きました。

数十分カウンセリングを受けて今の仕事の状況などを話しました。

その時に自律神経失調症だと診断されて起立性だということもわかりました。

いくつか対策も教えてもらい今でも実勢しているのが、

こまめに水分を取ることとできるだけ休むの二つです。

起立性調節障害は血圧の上がりにくい午前中に起こりやすいので、

仕事前や登校前に十分水分補給をしたほうがいいです。

また社会人になってからは難しいですが自分の身体に限界が来る前に

休息を取ることも大切です。

身体を壊したらもともこもないので。

とりあえず症状が午前中だけの場合でも生活に影響が出そうなレベルでつらい時は

心療内科か神経内科に行くことをおすすめします。

迷ったときは自分の症状がどこからきているか考えて決めるといいです。

起立性調節障害はストレス要因での発症がほとんどのため悩み事がある場合、

学校や職場な対人関係などが要因の場合心療内科がおすすめです。

反対にストレスはそこそこあるけど症状がつらいだけという方は神経内科が

良いです。

 

まとめ

いかがでいたでしょうか?

起立性調節障害は中学生で10人に1人高校生で20人に1人に発症すると言われているので

それほど珍しい病気ではありません。

ただ症状はまだ社会的に認知されておらず病気の判断もしにくいので、

つらくなったらすぐに病院で受診することをおすすめします。

もしまわりにこのような症状の方がいたら「がんばれ」や「甘えだと」言わず

このような病気あることを知っていてほしいです。

社会でストレスは全員にかかりますがかかり方や強さは人によって違います。

自分が病気の場合は頑張りすぎず周りの人が病気の場合は励ましたりしてプレッシャーを

与えず寄り添ってあげましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました