「フォートナイト」チャプター2の世界を考察!今後マップに及ぼす影響は?

ゲーム

「Fotenite」フォートナイトチャプター2の考察

 

6月16日のワンタイムイベントでは何が起こったのか?

6月16日のワンタイムイベントではマイダスの「終末のデバイス」が完成してストームの破壊作戦を実行しました。

「終末のデバイス」によってストームの破壊を試みたところ、予期せぬトラブルが起こる。

今回は破壊しようとしたストームはただのストームではなく。完全に破壊することはできませんでしたがストームを止めることには成功。しかし、終末のデバイスは破損。

かろうじてストームをいったん止めることはできましたがあの洪水とともにいつまでもつかはわかりません。

この出来事はエージェントジョンジーのセリフによって明らかになりました。

 

 

エージェントジョンジ―の一人称シーンは何?

「フォートナイト」エージェントジョンジ―スキンはいつリリースされる!?
「フォートナイト」エージェントジョンジ― エージェント・ジョンジーのテクスチャです。これはイベントまたは他のNPCによって手に入るものかも…#Fortnite#フォートナイトリーク pic.twitter.com/OoHcCHUwFj...

ワンタイムイベント中にエージェントジョンジ―がオフィスらしきところで電話しているシーンがあります。

その時のエージェントジョンジ―のセリフで印象的だったセリフが「ただのストームではない!?」

「ループに繋がっているとは思ったが、こんな形で反応するとは予測できなかった…」

さらに終盤ではプレイヤーに「どうやってここに?聞こえているのか?」と話しかけています。

そこで、ワンタイムイベントで起こった現象とエージェントジョンジ―の電話のセリフを掛け合わせると見事で出来事が一致するのです。

 

「ただのストームではない?」⇒マップで極端にかたよったうえに水を含んだストーム。

「いつまでもたせられる?」⇒津波が含まれたストームはいつまでもつのか?

「ループにつながっているとは思ったが予測できなかった」⇒プレイヤーがエージェントジョンジ―のところへ飛ばされる。

 

 

スポンサードリンク

 

チャプター2もループしている世界の一つ?

マイダスは終末のデバイスによってストームを止めようとしていましたが、そこで起こった予想外の出来事がおこりました。

それがストームの力が予想以上に強かったということと、終末のデバイスがループに反応したということです。

チャプター1ではタピオカイベントによりループを抜け出すことが出来ましたが、おそらくチャプター2の世界でまたループの世界に足を踏み入れそうになった。もしくはまだループの世界にいるということなのでしょう。

 

 

今後マップはどう変化していく?

エージェントジョンジ―のセリフとワンタイムイベントの出来事はリンクしています。

おそらく止めることに成功したストームが再び動き出して、マップが水に飲み込まれるのだと考えられます。

ザ・グラトウやザ・エージェンシーなどの施設がどうなるかはわかりませんが次のマップでは島全体が水浸しになることでしょう。

バトルパスもそれに対応したスキンになると考えられます。

とくにティザー画像のトライデントはポセイドンを連想されられるため水に海に関するスキンが続々と登場することでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

マイダスは生きているの?

マイダスが生きていると考えられる理由として、リスキーリールズに黄金の車が現れたことがあげられます。

マイダスの特性はゴールデンタッチであり、触った乗り物や武器をすべて金色にする能力があります。

水が引いたリスキーリールズにその黄金の車があるということはマイダスは島のどこかで生存しているのでしょう。

 

フォートナイトのシーズン5の世界はなんなのか?

ゼロポイントとはなんなのか?

シーズン4のワンタイムイベントの【むさぼる者】ではギャラクタスによってマップのゼロポイントが露出してしまいました。

アイアンマンたちが戦いに勝利してギャラクタスがゼロポイント奪い取るのを阻止しましたが、ギャラクタスが狙っていたことからもゼロポイントは強力なエネルギーのかたまりであることがわかります。

 

シーズン5のマップはどこの世界?

フォートナイトの公式トレーラーでは露出してしまったゼロポイントをもとに戻す際、エージェントジョンジ―がゼロポイントへ飛び込むシーンがありました。

元のマップと変わらないような場所にワープしましたが、どこか様子が違います。それが現在のシーズン5のマップです。

ほとんどがシーズン4までのマップと同じですが、ザ・エージェンシーの跡地が無いなど少し違うとことがあります。

つまりシーズン5のマップは以前のマップと似ていますが、まったく同じ世界ではなくパラレルワールドだということです。その根拠として、ジョンジ―と話していた女性が「ループの中に入って修正して」と命令しています。

さらにマップで登場するIOガードの存在です。

彼らはエージェントジョンジ―がいたオフィスにもおり崩壊するオフィスで騒いでいます。

(スロー再生するとわかります。または動画を0:24秒で一時停止してみてください。


 

IOガードたちは一体何者なのか?

IOガードたちは特定の場所に出現してプレイヤーを感知するとエレベーターで昇ってきます。

プレイヤーを見つけると襲いかかってくるので一見すると敵ですが、よくよく考えるとエージェントジョンジ―の仲間なんです。

これもシーズン5のトレーラーでジョンジ―のいるオフィスでIOガードたちが一緒にたくさんいるので間違えないでしょう。

エージェントジョンジ―の仕事はゼロポイントに入り壊れてしまった世界を修正する、ループの世界から脱出しようとするものを捕まえる、ループの世界を完全に封鎖することです。

つまり、IOガードたちはループの世界から脱出しようとするものを倒す役目を与えられたエージェントジョンジ―の仲間と考えていいでしょう。

 

 

私たちプレイヤーがハンティング対象!?

IOガードがエージェントジョンジ―の味方で、ループから抜け出す者をたおそうとしているのならば誰がループから抜け出そうとしているのでしょうか?

結論から言うとそれは何万人もいる私たちプレイヤーのことだと考えられます。

それを裏づけるギミックとして、シーズン5ではバウンティというものがあります。撃破する依頼を達成することによってインゴットがもらえるシステムです。

つまり、エージェントジョンジ―はプレイヤーの誰かがチャプター1のセブンたちのようにゼロポイントを破壊してループから脱出するのを恐れています

 

 

そもそもループとはなんなのか?

フォートナイトナイトの解明されていない謎としてループがあります。エージェントジョンジ―らが、誰かがループから抜けだすのを必死に阻止しています。

 

ここからは話がとてもややこしいのと推測になるのでみたい人だけ読んでください。

 

フォートナイトでいうループを考えた時に一体何がなにがループしているのかパッと思い浮かびはしません。しかし、フォートナイトの世界は確かにループしています。

いつもあなたはバトルバスに乗ってマップに降りて戦いますね?

それも何度も何百回も。

誰かにやられて倒されたのにロビーに戻ってまたバトルバスに乗ってマップに降りてを繰り返していますね?

これがフォートナイトのループのことではないかと考えられます。

どういうことかというとフォートナイトの世界は事実上エピックゲームズが作成していますが、フォートナイトの世界観ではエピックゲームズではなく何者かがループという形でゲームを管理しているとキャラクターたちが考えているのではないでしょうか。

つまり、フォートナイトの世界では何度もバスから降りてはロビーに戻るを繰り返しています。それをループと呼び、それに気づいた者のキャラクターがセブンやバンカージョンジーではないかと考えられます。

 

 

すべての現実

フォートナイトはチャプター2になってから【すべての現実】という言葉をたびたび口にします。

先に挙げたループの正体をもとに考えると、フォートナイトではバーチャルの世界や映画の世界、はたまた漫画の世界もすべて現実のようにあつかっているようです。

ということはバーチャルの中で登場するジョンジ―やセブンもただのゲームのデータではなく自我を持っているという感じに現実とバーチャルの境目がわからなくなるような体験をエピックゲームズは作ろうとしているのかもしれません。

リアルとバーチャルの境界線がわからなくなるのは怖いことかもしれませんが、多くの人は体験してしまえばそんなことも考えなくなることでしょう。

 

 

 

 

 

 

「Fotenite」フォートナイトチャプター2の考察まとめ

いかがでしたでしょうか?

シーズン5でふたたび登場したゼロポイントやループの謎。

今回は考察、推測にすぎないので実際はどんな設定なのかわかりません。

しかし、エピックゲームズはいつも新鮮でおもしろいゲーム体験を作成していることは間違えないでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました