「フォートナイト」チャプター2の世界を考察!今後マップに及ぼす影響は?

ゲーム

「Fotenite」フォートナイトチャプター2の考察

合わせて読みたい

「フォートナイト」チャプター2本編のワンタイムイベント日時が変更!要確認!
「フォートナイト」チャプター2ではスターウォーズやトラヴィススコットのコラボイベントがテンションが上がったがフォートナイト自体のワンタイムイベントはいつやるのか!?次回のワンタイムイベント開催の可能性はいかに!?

 

 

オロの正体とは?

オロの正体として考えられるのはマイダスの成れの果てという説とマイダスに恨みを持つ勢力のどちらだと考えられます。

オロスキンの別名は多くの人が気づいたように「マイダスリベンジ」という名前です。

この名前からしてマイダスにリベンジしようとしている者か、マイダス自身の姿が変わりリベンジしようとしているかのどちらかでしょう。

ただしオロにも右目に傷があり、武器を持つと金色になることからマイダスの姿が変わったものだと考えられます。

 

 

6月16日のワンタイムイベントでは何が起こったのか?

6月16日のワンタイムイベントではマイダスの「終末のデバイス」が完成してストームの破壊作戦を実行しました。

「終末のデバイス」によってストームの破壊を試みたところ、予期せぬトラブルが起こる。

今回は破壊しようとしたストームはただのストームではなく。完全に破壊することはできませんでしたがストームを止めることには成功。しかし、終末のデバイスは破損。

かろうじてストームをいったん止めることはできましたがあの洪水とともにいつまでもつかはわかりません。

この出来事はエージェントジョンジーのセリフによって明らかになりました。

エージェントジョンジ―の一人称シーンは何?

ワンタイムイベント中にエージェントジョンジ―がオフィスらしきところで電話しているシーンがあります。

その時のエージェントジョンジ―のセリフで印象的だったセリフが「ただのストームではない!?」

「ループに繋がっているとは思ったが、こんな形で反応するとは予測できなかった…」

さらに終盤ではプレイヤーに「どうやってここに?聞こえているのか?」と話しかけています。

そこで、ワンタイムイベントで起こった現象とエージェントジョンジ―の電話のセリフを掛け合わせると見事で出来事が一致するのです。

 

「ただのストームではない?」⇒マップで極端にかたよったうえに水を含んだストーム。

「いつまでもたせられる?」⇒津波が含まれたストームはいつまでもつのか?

「ループにつながっているとは思ったが予測できなかった」⇒プレイヤーがエージェントジョンジ―のところへ飛ばされる。

 

 

スポンサードリンク

 

チャプター2もループしている世界の一つ?

マイダスは終末のデバイスによってストームを止めようとしていましたが、そこで起こった予想外の出来事がおこりました。

それがストームの力が予想以上に強かったということと、終末のデバイスがループに反応したということです。

チャプター1ではタピオカイベントによりループを抜け出すことが出来ましたが、おそらくチャプター2の世界でまたループの世界に足を踏み入れそうになった。もしくはまだループの世界にいるということなのでしょう。

 

今後マップはどう変化していく?

エージェントジョンジ―のセリフとワンタイムイベントの出来事はリンクしています。

おそらく止めることに成功したストームが再び動き出して、マップが水に飲み込まれるのだと考えられます。

ザ・グラトウやザ・エージェンシーなどの施設がどうなるかはわかりませんが次のマップでは島全体が水浸しになることでしょう。

バトルパスもそれに対応したスキンになると考えられます。

とくにティザー画像のトライデントはポセイドンを連想されられるため水に海に関するスキンが続々と登場することでしょう。

 

スポンサードリンク

 

シーズン3開幕!世界は水の世界へ!?

なぜマップは海に沈んだのか?

マイダスがストーム破壊を『終末のデバイス』で実行しましたが、予想以上にストームの力が強く完全に破壊することに失敗。

かろうじてストームを海と同化することによって止めることには成功したが、いつまでもつかはわからない。

そして、ついにタイムリミットが来て島に大洪水が襲うことになる。

 

保険に入っておけばよかったのに

舞台はシーズン3の世界。

マップのほとんどが海のそこへと沈んでいます。しかし、『ノースウェット』という保険会社に入っていた建物は安全装置が作動して無事に浮いたまま残っている。

反対に『ノースウェット』に加入していないスラーピーなどの建物は海の底に沈んでしまいました。

 

 

マップは元の姿を取り戻していく

おそらく多くの人がチャプター2・シーズン3になってから感じ始めた「降りる場所少なくない?」という問題。

しかし、バトルパスのトレーラーでは新しい移動手段の車が映っています。

今のマップのままでは降りる場所がほとんど水なのに車なんて追加されても正直走るところがありません。

そのため降下できる場所が少ない+車を追加するという観点からマップの水はどんどん引いていって今後は陸地が増えると考察できます。

ちなみに公式のトレーラーでも徐々に水が引いて車が追加されるという発表がされています。

 

マイダスは生きているの?

マイダスが生きていると考えられる理由として、リスキーリールズに黄金の車が現れたことがあげられます。

マイダスの特性はゴールデンタッチであり、触った乗り物や武器をすべて金色にする能力があります。

水が引いたリスキーリールズにその黄金の車があるということはマイダスは島のどこかで生存しているのでしょう。


 

「Fotenite」フォートナイトチャプター2・シーズン2の考察まとめ

いかがでしたでしょうか?

マイダスがニャッスルが操るサメに引かれてしまったようにチャプター2・シーズン2の出来事はいったん幕を閉じ新しいシーズン3の物語が始まります。(ブルータスもぼこぼこにされている)

現在は夏も近く海のテーマにピッタリなマップですが、秋ごろになるにつれて水はマップからどんどんひいていくと予想されます。

その頃にはおそらく新しい移動手段である車も追加されると考えられます。

夏の終わりまで今の海マップを思いきり楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました