「フォートナイト」新オペレーション【潜入】グロットのルールと攻略方法!

ゲーム

「フォートナイト」新スパイゲーム:オペレーション潜入のルールと攻略

 

 

「フォートナイト」新オペレーション:潜入のルール

攻撃側は情報の入ったアタッシュケースを敵の陣地から盗んで自分のチームのゴールまで運ぶ。

防御側は盗まれないように守るというシンプルなルール。

3回先に勝利したチームが勝利となり、4回戦目の同点の場合は引き分けとなる。新モードの潜入では今まで獲得したスパイ技術を引き続き使うことが出来る。

 

攻撃側のルール

攻撃側は敵の目を盗んで情報ケースを奪い取り、自分のチームまで運ぶことができれば勝利。

情報ケースは敵以外誰でも運ぶことができるが情報ケースを持っている時は武器の使用や建築が使えず、無防備な状態となる。

情報ケースは落とすと、29秒後に元の場所まで勝手に戻ってしまうので注意。しかし、時間以内に持つことが出来ればカウントダウンは再びリセットされる。

また情報ケースは投げて運ぶこともできる。

 

 

防御側のルール

防御側のチームは情報ケースを奪おうとしてくる敵から情報ケースを時間まで守るのが勝利条件。

攻撃側のチームに情報ケースを持ち帰られると敗北となる

情報ケースは盗まれても持っている敵を撃破することで阻止することができるが、敵が落としても29秒間はその場にとどまる。

29秒が過ぎると情報ケースは自分たちの陣地に戻ってくるので敵を除去しながら時間を稼ぐのが防御側の動きになる。

 

 

「フォートナイト」オペレーション【潜入】グロットの攻略方法

 

スポンサードリンク

 

【潜入】の攻撃側攻略法

攻撃側のチームは敵の撃破よりも情報ケースを強力して確保するのが重要。

情報ケースは一度持ち運びに成功すれば29秒間は運んだところでキープすることが出来るため。バケツリレーのようにチームで情報ケースを投げて運び、できるだけ敵の陣地から遠いところに持っていく。

情報ケースが時間で元の位置に戻ってしまいそうなとき、キルされてもいいので一度情報ケースを持つとカウントダウンがリセットされてリスポーンの15秒以上の時間を稼ぐことができる

 

 

攻撃する側のおすすめ技術

シールドバブル】☆☆☆

シールドバブルを展開することによって、アサルトやスナイパーの射撃をすべてカットすることができる。

安全に情報ケースを運ぶことができるので、味方が情報ケースを運ぶことに成功したら投げておきたいところ。

 

 

ジェットパック】☆☆☆

情報ケースを運んでいるときは武器の使用や建築を使用することが出来ないが、情報ケースを持っているときでもジェットパックは使用することができる。

ヘッドショットでやられにくく、ビルや塔があるエリアでは高いところに上って攻撃をよけながら進むことができる。

 

 

グライダー高速化技術】☆☆

ランダムで武器についてくるスパイ技術。

グライダーでの移動がかなり速くなるので、ゲーム開始から速攻で敵陣地まで届いて情報ケースを運び出すことが出来る。

敵の不意をつくのにおすすめなビックリ技術。

 

スポンサードリンク

 

【潜入】防御側の攻略法

防御側のチームは3分ほど時間以内まで情報ケースを守り続けるのが勝利条件なので、基本的にはキルムーブをせず情報ケースの周りでガン待ち(イモる)して敵を倒すのが攻略法。

高いところで上から敵を撃つチームと、情報ケースの周りを建築で固めてボックスファイトに持ち込むチームに分かれると、簡単に守りきることができる。

 

 

防御する側のおすすめ技術

スティングボム】☆☆☆

敵が情報ケースに近づいてきたら情報ケースそのものに投げる。

無理やり情報ケースを取ろうとする敵がいても、敵の体力を少なくした状態で戦うことができるので撃破はとても簡単になる。

 

 

建築増加技術】☆☆☆

ランダムで武器についてくるスパイ技術。

初期資材の量は木材が100個と決まっているが、この技術を使うと木材100個、レンガ100個、鉄100個の状態でゲームスタートすることができる。さらに建築の採取量も増加する。

情報ケースを建築で囲むことが必要な防御側では建築量が3倍になる協力な技術

 

 

紫ショットガン】☆☆

防御側はいかに時間を稼ぐかが重要になってくるので、ワンショットで敵を排除できるショットガンはかなり重宝する。

ポンプショットガン、ヘビーショットガン、タクティカルショットガンなどヘッドショットで150ダメージ以上ができる得意なショットガンを選びましょう。

 

 

スポンサードリンク

「フォートナイト」新スパイゲーム:オペレーション潜入のルールと攻略まとめ

いかがでしたでしょうか?

無理やり情報ケースを取ることのできる攻撃側がやや有利なゲームですが、戦略次第で完封することができるので、ぜひお試しを!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました