「フォートナイト」野良スクワッドでもビクロイができるコツとは!?

ゲーム

「フォートナイト」スクワッドモードのコツとは

 

スクワッドで重要なポイント

バスから降りる場所を早く味方に知らせる

意外と野良スクワッドだとビクロイするために一番重要なことかもしれません。

待機島の時から自分が下りたいところを早めに伝えておくことで、混乱なく着地することが出来ます。降下する直前でピンを立てると降下が遅れて敵が武器を持った状態で降下することになるので降下する場所は待機島から早めに決めてピンを立てましょう。

 

 

降下したらすぐに味方と合流

降下した後に必要最低限の武器(ショットガンやシールドなど)と資材(100くらい)を手に入れたら味方と行動を一緒にしましょう。

そうすることでスクワッドで2対1の状況を作りやすくなり、キル数を稼ぎやすいです。(いじめ)

先に宝箱をあさったほうがいいのでは?」という考え方もありますが、友達とやる場合はそれでいいと思います。しかし、野良スクワッドの場合は得に統率が取れないので降下してすぐの序盤は2マンセルで動いたほうが生き残りやすいです。

 

敵がいたらすぐに知らせる

野良スクワッドでありがちなのがキル数を自分ひとりで稼ごうとして一人で突っ込んでいく人がいます。(ソロスクワッドやればいいのに…)

敵からすると4対1の状況は非常においしいので一人で戦おうとするのはやめましょう。

フォートナイトは一人で4人相手にするのはプロゲーマーでも難しいことなので敵がいたらすぐに味方に敵がいることをピンを立てて知らせましょう。

 

 

アイテムを分ける

これも初心者によく見られますが、武器や回復を均等に分けないと4人で戦うことが出来ません。ダメージを追っている味方がいたらアイテムを分けてあげましょう。

特にシールドは敵の攻撃を防ぐ大事なアイテムなのでちゃんと味方に回復アイテムを分けてあげましょう。

 

スクワッドでやらないほうがいいこと

1人行動はNG

これは当然のことですね!

1人行動をすれば敵に見つかった時には1対4で倒されてしまいます。物欲でアイテムをあさったりしたいのはわかりますが、味方とできるだけ離れるのはやめましょう。

 

アイテムを独り占めはダメ

使わない武器や余っている回復があったら味方に分けてあげましょう。

 

無駄な発砲

無駄な射撃はやめましょう。

よくあるのが船に乗って無意味に大砲を撃ったりするプレイですね。自分たちの居場所がばれて何お得もないので止めておきましょう。

ちなみに作戦があってわざと無駄撃ちするのはOKです。

 

スクワッドの立ち回りコツ

常に高いところを維持

シーズン2になってからは移動手段が少なく高い山が多いので、戦っていないときも高い位置をキープするのが重要です。

ソロの時は奇襲も建築で何とかなる場合が多いですが、スクワッドでは山の上などでハイグラウンドを取られて一斉射撃をされるとかなりのダメージを稼がれてしまいます。(ロケットランチャーを持たれていたらなおさら)

 

ダウンした敵は基本的に無視

スクワッドの場合、一人敵を倒しても確殺の時を除いてあと3人どこかに潜んでいます。そんな時にダウン状態の敵を撃っていたら他の敵に撃たれてしまいます。

ダウン状態の敵を撃つのは大きスキになるので、何か武器が欲しい時以外はホっといて残りの敵をすべてダウンさせましょう。

 

建築は金属を使う

移動の時の階段などは木でも大丈夫ですが、敵と建築バトルになったらスクワッドではできるだけ金属を使いましょう。

スクワッドでは集中放火される可能性が上がるので木の壁や階段は簡単に壊されてしまいます。そのためスクワッドで建築バトルするときは最低レンガを使うようにしてなるべく金属を使いましょう。

 

ストームの移動は早めに

スクワッドではストーム外の移動を早くして、できるだけハイグラを取れる場所に砦を立てたほうが強いです。

またスクワッドの戦いは決着がつくのが遅いため、戦いが長引くとすぐにストームへ飲み込まれてしまいます。そのためスクワッドではソロよりも早めに安地へ移動したほうがいいです。

 

 

スクワッドのおすすめ

バンテージバズーカーは神

バンテージバズーカーはアイテムの枠を2つも使ってしまい、実践でも体力が満タンの時が多いため捨てられやすいですが、スクワッドの時はパーティーで二本あってもいいくらいです。

「そんなに必要ないだろ」と思うかもしれませんが、バンテージバズーカーはチャージが自動な上に回復も早いので持っておくと重宝します。

またビクロイするために最終回復勝負をすることができるのでおすすめです。

「フォートナイト」スクワッドモードのコツまとめ

シーズンごとに更新していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました