「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」続編のストーリーはどうなるのか?

ゲーム

「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」続編のストーリー考察

任天堂はゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの続編を制作していると発表しています。

いつ発売されるのかとても楽しみですよね!

 

スポンサードリンク

 

 

物語の背景

ガノンドロフ討伐から何年後かの世界。

ゼルダの髪型が短髪に変わっていますが、それ以外二人の容姿はほとんど変わっていないので前回ガノンを討伐してから何年後かの世界だと思われます。

 

 

ガノン復活

物語はまたガノン復活が関わってきます。

ガノンドロフは姿かたちを変えて太古の昔から訪れる厄災として恐れられていました。

ブレスオブザワイルドの世界ではガノンにとらわれた英傑の魂を開放することで100年前の英傑たちの魂、神獣、リンク、ゼルダが強力してガノンを封印することに成功します。

封印には成功したものの何度倒したり封印しても訪れる厄災ガノンに対して手を打つべく、調査に二人は出かけます。

ガノンに対抗するするための手段は太古の昔から様々な手が考えられてきました。

ガーディアン神獣マスターソードなどガノンに打ち勝つために様々な力や兵器が作り出されました。

 

ガノン対策の調査


映像ではおそらくハイラル城の地下に進んでいるのではないかと考えられています。

ハイラル城の地下にガノンの肉体を発見してその時になにかしらの理由で封印が溶けてしまい大きな地震が発生したのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

謎の光る手は何?

ガノンを押さえつけている謎の光る手があります。

ガノンを中心に渦を巻いている光はシーカー族の古代テクノロジーの光に似ていますが光の色が少し違いますね。

リンクがワープをしたりリモコン爆弾を使用するときにでる光の色は青色ですが、ガノンを封印していると思われる手の色は緑色の光です。

さらにその謎の手を動画ではリンクが操作しているようにも見えますが、間違えなくあの手はガノンを封印するための道具であり力の源はゼルダの力だと思います。

ガノンは最悪の厄災で通常の武器は通用せず、退魔の力と女神の封印の力でしか対抗することが出来ないからです。

それに加えてブレスオブザワイルドではプルアが研究していた古代エネルギーというもの(ガーディンと神獣)で対抗しますがとどめを刺すことが出来るのはゼルダの持つ女神の力か退魔の剣マスターソードの力のみです。

そのためあの光の正体はゼルダの力と古代エネルギーを掛け合わせたものではないかと考えられます。

そうしなければガノンを封印することが出来ないからです。

 

ガノンの形態

ブレスオブザワイルドで登場したガノンは人の形をしておらず、ゼルダの必死の抵抗により不完全な状態で復活しました。

最初に登場した形態は巨大蜘蛛のような形をしており、ガーディアンを取り込んで有合わせで作ったスクラップのような肉体です。

怨念の塊である魔獣ガノンの形態でも怨念だけであり、肉体を持ちません。

つまりブレスオブザワイルドは怨念だけの登場であり、肉体は完全に復活していないのです。

しかし、続編ではガノンドロフのミイラ化した肉体が登場しています。

そのためブレスオブザワイルドではガノンは肉体を持たなかったものの続編では完全に肉体が復活してリンクとゼルダ達に襲いかかるのではないでしょうか?


「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」の続編はいつ発売されるのか!?
大ヒットした「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」の続編が待ち遠しい!新作制作からリリースはいつになるのか?リリースは2020年にされるのか!?

 

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド続編のストーリーまとめ

ブレスオブザイワイルドで必死にガノンを封印したもののなぜか100年もたたないうちにガノンの封印が解かれてしまいそうになる。

そのためリンクとゼルダは調査へ。

しかし、目の前で肉体を持ったガノンが完全復活してしまい再びハイラルに危機が迫る。


以後追記します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました