同期のサクラ9話の考察!サクラは会社に復帰して今後どうなるのか?

テレビ

同期のサクラも9話となり最終回が迫ってきました。

長期間会社を休んだことにより花村建設を解雇されたサクラですが、なんと9話の最後で副社長に昇格した黒川さんにもう一度花村建設に戻ってこないかと提案されます。

復活したサクラは今後どうなっていくのでしょうか!?

 

同期のサクラ9話の考察

バイクにひかれそうになった子どもをかばった際に倒れて入院したさくらが9か月後にようやく目を覚ましました!

サクラが目を覚ましたと聞き急いで病院へ向かう同期達。

会話しているとサクラが元に戻ったことを感じ同期達は大喜びしていました。

しかし、サクラの環境は9か月前と変わっており仕事も解雇に….。

就職活動を始めたサクラは色々な会社で面接を受けますが自分に何もスキルや職がないことを実感します。

さらには自分は同期達に比べて仕事などうまくいっておらず劣等感を感じます。

同期の立場はみんな変わっていた

同期はそれぞれ仕事上やプライベートの悩みを自分で解決しており、サクラは安心します。

それだけではなくて地元に帰ろうとするサクラを引き留め今度は同期達がサクラの力になってくれます。

「じいちゃん…サクラがいなくてもみんなうまくやっていたよ…」

というセリフが印象的です。

 

 

5人分の鍋を用意したのに全員キャンセルされたのは精神的ダメージが大きいことでしょう。

サクラがとてもけなげです。

 

スポンサードリンク

同期との違いに思い悩む

同期が成長していたことを実感して安心したサクラでしたが、反対にさみしさと自分には何もできないという劣等感を感じていました。

みんなが幸せになる建物を作りたいため就職先を探しますが、どこにも受からずコンビニで働き始めてもうまくいかず途方に暮れて地元に帰ることを選択します。

地元に帰ることを選択したサクラでしたが、同期に連れていきたいところがあると言われ建設中の建物に向かいます。

そこはサクラがデザインした建物で、サクラにはたくさんの人を幸せにする建物を作ることが出来ると背中を押されます。

この時にかつて自分が同期に言ったことを言われてハッとします。

人間には一貫性の法則があるので、自分が言ったことに矛盾を持たないようになります。

同期に言ったことを思い出してサクラは地元に帰ることを思いとどまります。

 

サクラは今後どうするのか?

サクラは自分のしたいことをするため、再度建設会社の面接を受けます。

また面接に落ちるかと思いきやなんとサクラは合格!いつから来てもらえるのか尋ねられます。

そこへ、花村建設の元専務の黒川副社長が登場します。

予告編を観る限りサクラは花村建設に戻り黒川副社長の下につくことにするようです。

同期と比べて自分には力が無いと感じたサクラは仕事で結果を出して夢を叶えるため、再度花村建設で頑張ることにします。

しかし、同期と素晴らしい建物を作ることが夢だったサクラは張り切りすぎて自分の夢を忘れてしまうようです。

「あんたみたいな人間が一番権力を持っちゃいけないのかもね!」

というセリフがそのような様子を示唆しています。

もしくは昔に比べてさらに忖度が無いサクラになってしまい思ったことはズバズバ行ってしまう棘のあるサクラに変わってしまうのではないかと考えられます。

おそらくそこでもまた思いとどまらせてくれるのが同期の力なのでしょう。

 

同期のサクラ9話の考察まとめ

突然サクラが花村建設の再就職を迫られるシーンで終わりますが、サクラは再び入社してたくさんの人を幸せにする建物を作ることを目指すのでしょう。

しかし、それは意外な形で裏切られ同期との摩擦を生むのが今後の展開のようです。

それでもサクラと同期はとても強い結びつきがあるので、また仲良く5人で集まる日が来ると思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました