【オーバーウォッチ】トロールに苦しむ人必見!回避リストを倍以上にする方法とは?

Overwatch

【オーバーウォッチ】トロール対策と回避リストを倍にする方法

オーバーウォッチは32人のヒーローがいるため戦略の幅も広くて自分と相性の悪いプレイヤーに遭遇することが多々あります。

自分と考えが同じで相性の良い味方だけとマッチングすれば問題ありませんが、自分と違う戦略を用いるプレイヤーは数多くいます。

そこで今回は害悪プレイヤーや(トロール)自分と相性の悪い味方とマッチングしずらくなる方法を紹介していこうと思います。

少しでも快適にオーバーウォッチができるようになればいいですね!

 

基本的なトロール対策

まず大前提として、クイックプレイでもランクマッチでも自分のレベルが高ければトロールの味方を引く確率が低くなります

ヒールをしてくれないサポート、ダメージを出してくれないDPSに遭遇した場合はもしかしたら自分の内部レートが下がっている可能性があります。

 

内部レートとは?

内部レートとは推薦レベルのように目にはみえないレート(実力の目安)のことをいいます。

ランクマッチやクイックプレイでは内部レートを参考にマッチングが行われているので明らかにレベルの低いマッチに入れられる、トロールや初心者が多いと感じる場合は自分の内部レートが意図せず下がってマッチングしている可能性が高いです。

 

内部レートを上げる方法

内部レートは勝つともちろん上がりますが、キャラクター特有の成果を出すことによって上げることができます。

反対にキャラクター特有の成果を出さないと連勝していても実力無しとみなされてトロールの多いマッチにいってしまうことがあります。

例:

ウィンストン:ノックバックのキルの数

ラインハルト:ブロックしたダメージ

トレーサー:パルスボムキルの数

アッシュ:ダイナマイトキルの数

アナ:ナノブーストのアシスト数

ルシオ:サウンドバリアの付与数

 

 

もちろん内部レートを上げるにはFPSゲームなのでキルデスを上げるのも重要です。

(キル数をデス数で割った数値)

 

回避リストを倍にする方法

回避リストは3つまでしかありませんが、有効活用することで実質2倍にすることができます。

 

回避リストを倍にする手順

必ずマッチをサーチした状態にする(サーチをかけないと招待相手が入ってきてしまうことがあります)

回避したいプレイヤーを招待する

 

・『プレイヤーが見つかりません』と出た場合は回避リストから外す

(相手がログインしていない)

 

・『すでにグループに参加しています』と出た場合は数人でチームを組んでいるので前の試合でマッチした味方全員に招待を送ってどのプレイヤーとパーティーを組んでいるのか探る。

(パーティーを組んでいるプレイヤーを回避したい場合は一人だけ回避リストに入れる)

 

・『ライバルプレイ中はプレイヤーには招待が送れません』と出た場合は回避リストに入れる

(相手がログイン中)

 

 

マッチのサーチをかけながら招待を送り『プレイヤーが見つかりません』と出たプレイヤーはログインしていないので回避リスト節約のために回避リストから外します。

少し手間ですがこうすることでトロールによるランクポイントの激減が免れます。

 

【オーバーウォッチ】トロール対策と回避リストを倍にする方法まとめ

オーバーウォッチは成功法が確立されているものの戦略が多すぎるのでどうしても相性のプレイヤーやトロールのようなプレイヤーに遭遇してしまいます。

そんなときにぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました