「俺だけレベルアップな件」4話のあらすじネタバレ!閉じ込められたハンターたち!

俺だけレベルアップな件

「俺だけレベルアップな件」4話のあらすじネタバレ

3話はこちらから<<・>>5話はこちらから

 

4話あらすじ

自分たちより何倍もの大きさの動く石像相手にハンターたちは騒然。さらに水篠旬はやられたハンターが自分より上のランクのD級だと聞き、E級の自分にできることは無いとサトル。

それどころかD級ダンジョンに即死レベルの怪物が数10体もいること自体理解できなかったのだった。

 

過去の雪辱

水篠旬の回想シーン。

水篠旬は過去にダンジョン内で今までに何度も死の瀬戸際に立たされてきた。人生初のダンジョンで仲間とはぐれて遭難してしまったり、E級のゴブリンなどの最弱のモンスターにけがをさせられて数週間入院するなど水篠旬にとって最低ランクのダンジョンでも命がけであった。

他のE級ハンターはモンスターを倒した魔法石を売ってより強い武装を身にまとうことができ、さらに強いモンスターを倒すことで報酬を上げることが出来る。

ところが水篠旬は母親の治療費で費用がかかるため新しい武器を買うことが出来ないのだ。それどころか毎回ボロボロになる水篠旬を見てほとんどのハンターが水篠旬をバカにしてきたのだった。

スポンサードリンク

最弱の力

話は現在に戻る。

一番大きい石像の目が光りだしてハンターたちを見つめていた。その時今まで命をかけて割合わない仕事をしてきた水篠旬だけが、経験からこれは石像の攻撃と察知することができた。

石像のから攻撃がくる判断した水篠旬はとっさに全員に「みんな伏せて」と指示出す。水篠旬の指示と同時になんと一番大きい石像はハンターたちにビームを放ったのだった。

ピカッと」光った一番大きな石像は「バチバチ」と音を立てて辺りを焼いていく。死傷者は一人や二人ではなく、水篠旬の指示に反応して伏せたハンターだけが生き残った。とっさに指示を出してハンターたちを救った水篠旬に関心している馬淵リーダーも一番大きな石像のビームで片腕を失っていた。

 

異次元ランクのダンジョン

ハンターたちはD級ダンジョンのつもりで二重ダンジョンに進んだが、明らかに石像たちのレベルが高すぎる。馬淵リーダーによると、B級のダンジョンにすら即死レベルのモンスターは存在しないそうだ。

石像が段違いのレベルだと思った馬淵リーダーは「あいつはA級…あるいはS級…」とつぶやく。

 

カルテノン神殿の掟

馬淵リーダーは石板に書かれていたことを思い出す。「一つ目神をけいせよ」「二つ目神をたたえよ」「三つ目神をしんこうせよ」「この掟を守らぬものは生きては帰れん」という内容だった。

この時ハンターたちは間違えなく神を示すのが一番大きな石像だとサトッた。

S級と考えられるダンジョンで全滅するのも時間の問題だった…。

 

「俺だけレベルアップな件」4話まとめ感想

D級かと思われた二重ダンジョンはまさかのS級ダンジョンだった!今後水篠旬たちはS級のモンスター相手にどうするのかが見どころです。

5話へ続く

3話はこちらから<<・>>5話はこちらから

カテゴリー
俺だけレベルアップな件 漫画
エージェントKをフォローする
カテゴリー
こころの休憩所

コメント

タイトルとURLをコピーしました