「俺だけレベルアップな件」5話あらすじネタバレ!石像に対する対抗手段は!?

俺だけレベルアップな件

「俺だけレベルアップな件」5話あらすじネタバレ

 

4話はこちらから<<・>>6話はこちらから

 

5話あらすじ

水篠旬たちがダンジョンに入る十数年前の出来事。

ゲートといういうものが世界中で現れてから、常識を逸脱したできごとが起こりはじめた。その一つがハンターと呼ばれる覚醒者たちの出現である。

水篠旬も覚醒はしたが最低ランクのE級である。ちなみに覚醒者とは覚醒して力を得たものを指し、一度与えられた力が変化することはない。一般人よりも強いというだけであって上級ランクの者たちの足元にもおよばない。

しかし、覚醒したものたちは力を使いダンジョンに足を運びハンターとしての仕事をまっとうする。

 

どうしてこんなことに

片腕を一番大きな石像のビームで失ってしまった馬淵は止血を試みるが「ポタポタ」と血が止まらない。回復能力を持つハンター(ヒーラー)を3名連れてきていたが、一人はビームでやられ、一人は恐怖のあまり精神崩壊、もう一人は水篠旬を気にかけていた観月ハンターだったがメンタルが弱く恐怖で行動不能だった。

生き残ったハンターたちも恐怖で士気が低下してしまっていた。

 

脱出手段は?

水篠旬たちは石像には勝てないと考えて脱出手段を探す。しかし、入口には一撃ハンターを倒す石像が待ち構えており、下手に動けば一番大きな石像からはいつビームが撃たれるかもしれない。

そのとき素早さに自信があったハンターは扉に向かってイチモクサンにダッシュする。スピードさへあれば脱出できるかと思ったが努力はむなしく、扉にダッシュしたハンターは一瞬でビームの餌食となった。

 

なぜ攻撃しない?

水篠旬たちが入った部屋の石像たちは一撃でハンターをしとめる力がある。石像たちは虫を踏みつぶすように簡単にハンターを倒すことが出来るが石像は動かなければなぜか攻撃してこない

トビラに近づけば門番に一刀両断にされて、動けば一番大きな石像にビームで攻撃される。こんなパニックしなってもおかしくない状況で水篠旬は冷静に分析していた。

そのとき水篠旬はこの部屋にはルールがあると気づく。

 

部屋のルールとは?

水篠旬は部屋のルールが石板に書かれていたカルテノン神殿のおきてだということに気づく。そのおきてとは…

 

俺だけレベルアップな件5話まとめ

水篠旬が気づいた石像攻略のルールとは何なのか気になりますね!

6話へ続く

4話はこちらから<<・>>6話はこちらから

 

カテゴリー
俺だけレベルアップな件 漫画
エージェントKをフォローする
カテゴリー
こころの休憩所

コメント

タイトルとURLをコピーしました