「白黒パンダ」に動画内でしか登場してないコアラ男の正体とは!?

ドラマ

「白黒パンダ」に登場するコアラの正体とは!?


スポンサードリンク

過去にMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)の娘(白石聖)を誘拐した犯人であり正体が不明の人物がコアラ男です。「娘を開放してほしければ一億円を用意しろ」と誘拐した後に脅迫しており、政府が一億円を払ったあとに解放されていますがいまだに犯人は逮捕されていません。

 

容疑者候補

コアラの正体がわかる決定的な証拠を導き出すためにコアラ男の可能性がある人物をピックアップしてみましょう。

 

 

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)


実の娘を誘拐されて心を痛めていたように見えますが、実はすべて自作自演だったという可能性があります。

Mr.ノーコンプライアンスの正体は佐島法務大臣ですが、実の娘が誘拐されたという世間の同情を買うことによって出世の材料にした可能性があるということです。

さらに身代金として振り込まれてた一億円の行方は不明のため、お金のため娘を餌に使ったという同期は十分にあり得ます。

それを匂わせる一番の発言として森島直輝はミスターコンプライアンスに「同じことが言えますか?」「取引の道具に使われているのがあなたの娘の命でも」という発言に対して「何がいいたいんですか?」というやり取りです。

 

森島哲也(田中圭)


田中圭も犯人である可能性があります。すでに亡くなっていますが、もし白骨体が別の誰かと入れ替えられていた場合生きている可能性があります。

ですが森島哲也が犯人と考える場合同期が全く持って皆無なのでこの場合は実行犯として催眠術でコアラ男になっていた可能性があります。

息子の直輝と遊びに行く約束をしていたあの日に仕事に向かうが何者かによって催眠術をかけられてコアラ男となったということです。

 

未登場人物

もし森島哲也を操って犯行を実行したとするのならば操っていた第3の犯人がいるはずです。森島哲也を操りコアラ男として犯行を行わせる。その後殺害して証拠を隠滅する。

そうしたら、操った犯人にはアリバイを作ることが出来ますし証拠も残りません。

物語のなかで催眠術を使えるのは森島直輝と門田教授ですが、門田教授は森島直輝が川田レン何かたくら(川田リコ)を使ってたくらんでいることを詮索していることから森島直輝が森島哲也の息子だとまったく気づいていません。

本当に気づいていない可能性もありますが、自分がコアラ男に関わったことを知っているのならば余計な詮索はしないはずです。

そのためコアラ男はまだ登場していない人物の可能性があります。

 

スポンサードリンク

白黒パンダコアラの正体まとめ

現在は容疑者がまだ絞れませんが、シロクロパンダでは催眠術という手法で人格すべてを変えてしまうことが出来るので誰が犯人であってもおかしくは無いと思います。

しかし催眠術を使うのにはテクニックと使用する相手の信頼関係が成り立っていないと使うことが出来ないので、物語が進むにつれてコアラの正体は明らかになります。

ちなみに佐島はすべて自分が仕組んだと白状していますが、まだなにか隠しているようです。その中でも時に怪しいのは「心理学に精通する人物」察や政治の官僚」かと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました