「ブラックウィドウ」2020映画の考察!秘密が多い彼女の生い立ちが明らかに!?

ブラック・ウィドウ

アベンジャーズブラックウィドウの過去とは?


「アベンジャーズ・エンドゲーム」も終わりアベンジャーズロスの人が多い中、2020年5月にアベンジャーズで唯一過去の経歴に謎が多いブラックウィドウの過去を描く映画が公開されます。

ブラックウィドウは過去に過酷なスパイ訓練によって強くなったそうですが、さらに詳しく過去の出来事が明らかになります。

そのため時系列的にはアベンジャーズに入る前のお話になります。

一体どんな話になるのか考察していきます。

 

生い立ち

 

 

ブラックウィドウの能力

ブラック・ウィドウというのはナターシャ自信を指す名前ではなく、マインドコントロールを受けて訓練されたソ連の特殊部隊のことを指す。

ナターシャはソ連のエージェントとして教育されて射撃、格闘技、スパイ行動の訓練を叩き込まれている。

さらにナターシャたちはバイオテクノロジーによって常人よりも身体が頑丈になっており、若さを長い間保てる身体へと改造されている。

アイアンマンのように空を飛んだり、ソーのように強大な雷のパワーを持っているわけではないですが、皮肉にもナターシャは過酷な訓練を受けたことによってたくさんの人を守ることができる力を手に入れることが出来たのです。

 

 

 

ホークアイとの関係

ナターシャとホークアイの関係はナターシャが何かしらの理由でアメリカ合衆国に亡命する際、ホークアイに実力を買われて誘われる。その後、S.H.I.E.L.D.の一員となって活動することになる。

さらにそのあとにはS.H.I.E.L.D.が特殊な能力を持った防衛チームアベンジャーズとなり、ナターシャも戦うことになる。

そのためナターシャとホークアイがなぜ仲がいいのかというと色々な理由があると思うが、単に付き合いが長く信頼関係が構築されているからというところもある。

おそらく本編ではナターシャとホークアイの出会いの場面などを観ることもできるのではないかと思う。スパイ活動を行っている中、どのようにして二人が出会ったのか気になりますね。

 

 

現在

ナターシャは残念ながら「アベンジャーズ・エンドゲーム」でサノスを倒す作戦のために命を落とします。

アベンジャーズはサノスを倒す為にインフィニティ―ストーンを集めることにします。その時にソウルストーンというストーンがあり、大切な人が命を落とさないと現れないストーンでした。ホークアイ自身も犠牲になろうとしましたが、結果的にナターシャが命を落とします。

 

 

 

ブラック・ウィドウ映画の考察まとめ

ソウルストーンで命を落としたナターシャをサノスが地球上の人々を消したようによみがえらせようとしますが、ソウルストーンと引き換えに命を落としたナターシャはインフィニティ―ストーンをの力を使っても復活させることはできないそうです。

彼女と仲の良かったホークアイやバナー博士(ハルク)はとても悲しみます。

もう戻ってくることはナターシャですが、彼女がどんな壮絶な過去をたどっていたのかわかる楽しみな映画だと思います。

「ブラックウィドウ」は5月公開予定!

コメント

タイトルとURLをコピーしました