「絶対零度」のネタバレあらすじシーズン4井沢は第1話で○○をやってしまうのか!?

ドラマ

「絶対零度」のネタバレ!シーズン4の第1話

あらすじ


物語はとある豪客船で犯罪が起こる70日前にさかのぼる。

警察内部では人工知能が犯罪の危険性がある人間を最新テクノロジーで探し出して、犯罪を未然に防ぐミハン(未然犯罪潜入捜査)チームが極秘裏に存在していた。

監視カメラによる監視やハッキングなど警察でありながら彼らは極秘裏のチームであり、捜査は犯罪行為を伴っていた。

 

新しいチーム結成

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ | 相関図 - フジテレビ
相関図 | 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ - オフィシャルサイト。2020年1月スタート 毎週月曜よる9時放送 出演:沢村 一樹, 横山 裕, 本田 翼

秘密基地のような操作対策室に加えて、上司の法務省や新メンバーの加賀美(柄本明)と吉岡(森永悠希)が加わり新しい未然犯罪捜査対策準備室が誕生していた。

その後未然犯罪人工知能から普段は一人のはずの危険人物が一度に二人も提示された

スポンサードリンク

 

二人の危険人物

二人同時に危険人物が提示されたことに文句を言うメンバーだったが、二人の関係性を洗い出すことにする。

1人目はは弁護士の田代智之(中林大樹)、もう一人は風俗店の店長をしている藤倉尚也(篠原篤)であった二人の関係性はわからなかったが、共通の女性が絡んでいることが調査で分かる。

 

 

女性の正体は誰?

メンバーが監視カメラの映像から田代と藤倉が何度も言い争っていることから、女性の取り合いによる喧嘩ででありお互いを殺そうとしているのでは?という推理に行きついた。

しかし、女性は5年前の電車脱線事件でなくなっており潜入捜査などを行い深く調べてみると、田代は女性の婚約者、藤倉は女性の幼馴染だということが分かった。

そのことから二人が共通して恨む人物が浮かび上がってきた。

 

 

マトリの横暴

二人が恨んでいる人物とは麻薬取締部通称マトリと呼ばれる岸本であり、捜査が進むうちに5年前の電車脱線事故は事故ではなく意図的に起こされた事件だということがわかる。

岸本はマトリで違法捜査をしていることを同僚に知られたため、護身のためにわざと同僚が乗っていた電車を脱線させたそうだ。

藤岡が風俗店の店長になったのは不自然な事故の真相を裏社会の人脈から知るためであり、マトリの岸本をどうするかで藤岡と田代はもめていたのだ。

 

二人の想い

藤岡によって婚約者は殺されたとわかった田代はとうとう岸本を殺そうとするが、そこを藤岡はすかさず止めに入り田代を説得する。

田代を止めた藤岡だったが藤岡はどうせなら二人で殺そうと決める。

しかし、藤岡は初めから岸本を二人で殺すつもりはなく藤岡は自分ひとりで岸本のもとへ向かっていた。

藤岡の考えは事故は岸本によって引き起こされたものだと知ってから、自分ひとりで岸本を殺して自分も自殺するという計画だった。

スポンサードリンク

 

絶体絶命

藤岡は自分ひとりでカタをつけるため岸本のところへ向かうが、途中で捕まり命を落としそうになる。

そこへ、事件の全貌を知ったミハンチームが急行してマトリの岸本を追い詰める。

岸本を追い詰めることに成功したが、逃げられ通行人の親子を人質にされてしまう。

岸本が親子を人質に取る際に親をナイフで刺してしまうが、その時ミハンのリーダーである井沢は妻と子が殺された光景をフラッシュバックして形勢逆転されてしまう。

人質を取られたことによって手が出せなかった井沢だが仲間の狙撃によって九死に一生を得る。

しかし、岸本と自分の妻子の命を奪った犯人を重ねて見えた井沢は捉えた岸本の命を奪いそうになるが、機転を利かせたミハンチームの山内が自らの身を挺して岸本を守る。

妻子の影

妻子の命を奪われたショックから立ち直れない井沢は犯人を憎んでいた。

そして、自分の家に帰ると何度も妻子の幻覚を見て喪失感を覚える。

井沢は犯人を捜して自らの手で粛清しようとしていた。

 

「絶対零度」のネタバレ(シーズン4第1話)のまとめ

最後の伏線である町田の暗殺は復習に燃える井沢によるものなのかということと冒頭のフェリーの事件では何があったのか?今後の展開が気になります。

2話追記→

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました