「トップナイフ」いつもクールな天才脳外科医の深山瑤子の過去とは!?

トップナイフ

「トップナイフ」深山の過去とは?

クールで天才脳外科医の深山瑤子(天海祐希)は腕こそいいですが、数々の外科見習いを辞めさせたりするなど同じ病院内では氷の女王と呼ばれています。

 

相関図|トップナイフ-天才脳外科医の条件-|日本テレビ
家族を捨て、メスを握った脳外科の女帝・天海祐希、愛に飢えた手術室の暴君(トップナイフ)・椎名桔平、自称“天才”のド新人・広瀬アリス、真意を見せない脳外科のクセ者・三浦友和。

公式サイトの説明欄にもあるように深山瑤子は過去に仕事を優先して家族捨てたという過去があるようです。

2話のラストシーンでは疎遠だった娘が深山瑤子の家に表れます。

 

家族を捨てたことを後悔


公式欄の説明と2話の回想シーンで「あんたのせいで人生めちゃくちゃよ」と娘らしき若い女性に言われています。

娘の名前は真美というそうで、深山瑤子が過去に家族か仕事か選択を迫られたときに仕事を取ったことで関係が悪化したことがわかります。

 

性別の壁を超える

脳外科医に女性は向いていないとトップナイフの医療業界では言われています。

女性は結婚や育児で専業主婦になることが多いため仕事を覚えてもその頃には寿退社してしまうのと、手術などする際に大切な空間認識能力は男性のほうが優れているという見解からです。

それを長く無言の圧力として受けてきた深山瑤子は、女性でも脳外科医のトップナイフになれるということを証明したいがために家族を捨てて仕事を選んだという経緯があります。

深山は家族よりも仕事を選んで患者と向き合ってきたため、現在トップレベルの実力を持つのです。

 

共感能力の高さ

深山が家族よりも仕事を選んだもう一つの理由として共感性の高さがあります。

病院では絶えず救急の患者が運ばれてくるため、食事を落ち着いてとることもなかなかできません。

少しでも多くの患者に寄り添いたいと思う気持ちから気づかないうちに仕事にせんねんしてしまうのです。

実際に脳外科医トップの黒岩健吾も「君は優しすぎる脳外には向いていない」と言われるほど、患者思いなのがわかります。

病院に来る患者を考えるよりも先に助けてしまい、家族をほったらかしにしてしまったのでしょう。

 

トップナイフ深山瑤子の過去まとめ

まだ3話までなのですべての事実を掘り下げることはできませんが、深山は過去に家族を捨てたことで現在もこのままでいいのかと葛藤しているようです。

以後追記していきます

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました